2009年12月17日

テポドン2号部品を確認か

バンコクの空港で貨物機内から北朝鮮製の兵器が見つかった事件で、兵器の中に北朝鮮の長距離弾道ミサイル「テポドン2号」のものとみられるミサイル部品が含まれていたことが分かった。ロイター通信がタイ高官の話として報じた。

テポドン2号は北朝鮮と技術協力関係にあるイランと共同開発したとの見方もありタイ高官は兵器の輸送先について専門家らが、イランである可能性が高いとみて調べていることも明らかにした。

中日新聞
posted by owmvnjf at 16:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。